EPIgas QUO S-1032 と カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB のレビュー。違いや差を徹底検証

作成日時: 2021-11-02 15:37:08

EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」はどの程度違いがあるかを比較/検証してみました。どの程度違いがあるのでしょうか?どっちのシングルバーナーにした方がいいのかを初めて選ぶ人でも分かるように評価してみました。

EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
総合評価:
使用時サイズrating-image1.4
105mm × 105mm × 79mm
rating-image2.5
155mm × 155mm × 127mm
最高出力rating-image1.1
2600kcal/h
rating-image1
2322kcal/h
最長燃焼時間rating-image3.8
2時間
rating-image3.8
2時間
収納サイズrating-image4.4
89mm × 54mm × 52mm
rating-image3.3
109mm × 82mm × 68mm
重量rating-image3.0
98g
rating-image2.0
274g

価格を見る

価格を見る

より詳細に比較

icn

カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB と比較して EPIgas QUO S-1032 を選ぶメリット

収納サイズ

88.7点(89mm × 54mm × 52mm) vs 65.8点(109mm × 82mm × 68mm)

重さ

60.1点(98g) vs 40.4点(274g)

icn

EPIgas QUO S-1032 と比較して カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB を選ぶメリット

使用時サイズ

28.7点(105mm × 105mm × 79mm) vs 50点(155mm × 155mm × 127mm)

「EPIgas QUO S-1032」と「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」の特性や特色について

利便性について詳細に評価比較

収納サイズについて

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」の収納サイズについて比較すると「EPIgas QUO S-1032」は89mm × 54mm × 52mmに対して「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は109mm × 82mm × 68mmです。「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と比べて「EPIgas QUO S-1032」は比較的サイズが小さいです。収納サイズが小さいシングルバーナーは、コンパクトな設計が特徴であるため、場所をとらずに収納できるメリットがあります。

シングルバーナーの収納サイズが小さいメリットのひとつは、省スペースであることです。小さな家庭やキャンピングカーなどでも使いやすく、場所を取らずに収納できます。また、持ち運びにも便利で、アウトドアや旅行に最適です。

収納サイズ評価
EPIgas QUO S-1032
89mm × 54mm × 52mm88/100
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
109mm × 82mm × 68mm65/100

ケースポーチの付属について

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」も「EPIgas QUO S-1032」もケースポーチが付属しているシングルバーナーです。シングルバーナーの中には、ケースポーチが付属していないものがありますが、これらのシングルバーナーは、ケースポーチが付属しているため、非常に見た目がスタイリッシュであると同時に、保管時も便利です。

ケースポーチが付属しているシングルバーナーには、実用性が高いメリットがあります。まずは、収納時に保管場所を取らないため、移動や収納が容易です。そして、バーナーを汚れや傷から守り、長期間使用できる点も魅力的です。

重量について

重量を「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」を比較すると「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は274gで「EPIgas QUO S-1032」は98gです。「EPIgas QUO S-1032」と「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は非常に違いがあります。「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」の重量と比べて「EPIgas QUO S-1032」は非常に軽いです。本体重量が軽いシングルバーナーのメリットは、キャンプなどのアウトドアで移動するとき、手軽かつ持ち運びが楽になることです。また、軽量なのでバックパックに入れて持ち運ぶこともできます。

本体重量が軽いシングルバーナーには多くのメリットがあります。まず第一に、キャンプやアウトドア活動で持ち運びが容易です。また、軽量なため、長時間の使用でも負担が少ないため、快適に料理をすることができます。 さらに、収納場所を取らず、コンパクトに持ち運ぶことができます。

「EPIgas QUO S-1032」に決めるための主な理由の一つになると思います。

重量評価
EPIgas QUO S-1032
98g60/100
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
274g40/100

バーナー性能について

使用時サイズについて

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」の使用時サイズについて比べると「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は155mm × 155mm × 127mmで「EPIgas QUO S-1032」は105mm × 105mm × 79mmです。「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」の方が「EPIgas QUO S-1032」よりも非常にサイズが大きいです。使用時サイズが大きいシングルバーナーは、調理中も安定した温度を保ちますので、料理がムラなく仕上がります。

使用時サイズが大きいシングルバーナーは、一人暮らしやカップルであれば、コンパクトなもので十分と思われがちですが、実は多くのメリットがあります。例えば、調理スペースが広く使い勝手が良く、大きな鍋やフライパンも余裕を持って乗せることができます。また、強い火力によって、時間短縮や調理の幅が広がり、非常に便利です。

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」に決めるための一つの重要な理由になるでしょう。

使用時サイズ評価
EPIgas QUO S-1032
105mm × 105mm × 79mm28/100
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
155mm × 155mm × 127mm50/100

最高出力について

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」の最高出力を比べると「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は2322kcal/hに対して「EPIgas QUO S-1032」は2600kcal/hです。差はわずかです。「EPIgas QUO S-1032」は「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」よりわずかに出力が高いです。最高出力が高いシングルバーナーであれば、少ない火力でも十分な温度を維持できるため、エネルギー消費も抑えることができる。

最高出力が高いシングルバーナーのもう一つのメリットは、料理のバリエーションが増えることです。高出力で加熱するため、焼き芋や鍋物などの調理もスムーズに行うことができます。また、直火であるため、炭火風味のステーキや焼き魚を手軽に調理することができます。

強いて言えば「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」より「EPIgas QUO S-1032」を選ぶべきですが、通常の利用において気にするほどの違いはほぼありません。

最高出力評価
EPIgas QUO S-1032
2600kcal/h22/100
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
2322kcal/h18/100

最長燃焼時間について

最長燃焼時間について「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」を比較すると「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」は2時間であるのに対して「EPIgas QUO S-1032」は2時間です。「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」と「EPIgas QUO S-1032」はほぼ同程度です。実用上の差は無いかと思われます。

他の観点から比較したほうが良いでしょう。

最長燃焼時間評価
EPIgas QUO S-1032
2時間76/100
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
2時間76/100

ボンベへの一体型構造の採用可否について

「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」も「EPIgas QUO S-1032」も本体に直接燃料を投入する構造を採用しているシングルバーナーです。一体型ボンベ方式は、収納場所を取らないことがメリットです。これらのシングルバーナーは、その方式に対応しており、コンパクトに収納できます。アウトドアでの調理に必要なアイテムとして、おすすめできます。

一体型ボンベ方式に対応しているシングルバーナーは、コンパクトで持ち運びがしやすいため、非常災害時にも備蓄品として最適です。また、見た目がスッキリしているため、キッチンのインテリアに合わせることができます。ボンベも簡単に取り替えられるため、利用者にとってメンテナンスが簡単である点も評価できます。

点火装置の搭載について

「EPIgas QUO S-1032」も「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」も点火装置を搭載しているシングルバーナーです。これらのシングルバーナーは点火装置を搭載しているため、使いやすく、煮炊きがスムーズにできます。また、安全面でも優れており、故障が起きにくいため、長期間使用することができます。

点火装置を搭載しているシングルバーナーの最大のメリットは、手軽な火力調節です。火力調節ボタンを回すだけで、火力を簡単にコントロールできます。これにより、調理がスムーズに行われ、素早く美味しい料理が調理できます。

「EPIgas QUO S-1032」と「カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」についての情報一覧

EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
EPIgas QUO S-1032カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
バーナー性能
使用時サイズ105mm × 105mm × 79mm155mm × 155mm × 127mm
出力性能2600kcal(230P+カートリッジ使用時)2.7kW(2300kcal,h)
最高出力2600kcal/h2322kcal/h
持続時間120分120分(イワタニカセットガス使用時)/40分(イワタニカセットガスジュニア使用時)
最長燃焼時間2時間2時間
燃料230RGカートリッジ/230P+カートリッジガス
本体に直接燃料を投入する構造を採用しているかどうか
点火装置を搭載しているかどうか
利便性
収納サイズ89mm × 54mm × 52mm109mm × 82mm × 68mm
ケースポーチが付属しているかどうか
重量98g274g
カラー - シルバー

類似のシングルバーナーを探す

他のシングルバーナーと比較する

価格をチェック

類似のシングルバーナーを探す

他のシングルバーナーと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

EPIgas QUO S-1032 の関連記事
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB の関連記事
EPIgas QUO S-1032

総合評価: 55.3/100

(総合: 21位)

詳細を見る

EPIgas QUO S-1032

EPIgas QUO S-1032 と評価が同程度のシングルバーナーを探す

EPIgas QUO S-1032 の関連記事
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB の関連記事
カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

総合評価: 50.3/100

(総合: 40位)

詳細を見る

カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

カセットガス ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB と評価が同程度のシングルバーナーを探す

新着情報